『Messenger』定期購読 58号又は59号より6回分

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

『Messenger』最新号です!1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)

58号をすでにお持ちの方は59号からの定期購読とします。お知らせください。

『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。

私自身、入院中にいちばん勇気と希望をもらえたのが生の体験談でした。暗いニュースの多い中、命と向き合い輝いている方々を取材して、生の声を届け、少しでも世の中に希望を増やしたい。

ご縁繋ぎを生きがいとして生きていた中で、雑誌という媒体を使い、生きる希望を失いかけている人に光を灯したい。そんな想いがあふれて生まれたマガジンです。

「命はそんなにやわじゃない。命は輝きたがっている。自分で生きるスイッチを入れてほしい」

今は、インターネットでたくさんの情報を得られる時代。しかし、入院されている方など、インターネットを使えない環境にある方もいます。そんな方にも寄り添える優しい『Messenger』でありたいと思います。(『Messenger』編集長・杉浦貴之)

2021年4月28日発売!『Messenger』58号は、「あなたを信じているから ~がん患者を支える人の特集~」。全44ページ。

1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)。

☆登場人物☆
「ありのままのあなたにありがとう ~腎臓がんの夫を支えて~」萩原悦子さん。

「支える人だって楽しんでいい ~夫は白血病、私は妊婦で~」中村映自さん&中村浩美さん。

「全部ひっくるめて、大丈夫 ~小児がんの息子を支えて~」安東由紀さん。

「チャレンジャー~障害者でがんサバイバーの夫を支えて~」森本広子さん。

「人生を幸せに生き切るために~医師であり、がん患者として~」小林正学さん。

☆連載☆

小松うるさん「好転カウンセリング ~みんな仲良く~」

杉浦亜紗比さん「ティウロン村の笑顔を守りたい」

杉浦貴之・編集長後記「繋がりが生きる力を生む」

通報する