『Messenger』36号~46号バックナンバーセット(11冊)

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。

『Messenger』36号~46号 バックナンバーセット 4,000円(税込・送料込)

各号の詳細はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/

個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/orderform

例)

『Messenger』36号

メッセンジャー36号は、「それは決して奇跡ではなかった」。

末期がんからの生還者特集です!48ページ。5人の末期がん生還者、医師が迫力で伝えます。最短は余命20日から復活した方です。彼らに起きたこと、それは奇跡ではなかったと、実感できるはずです。かれらの共通項にも迫っていきます。愛と、勇気と、迫力満点の元気の1冊!

☆登場人物☆
「余命20日からの生還 ~父は悪性リンパ腫末期から復活した~」の竹内アキコさん。

「退路を断ち、「治す」と決断ができるか ~スキルス性胃がん、余命5ヶ月から15年~」の松尾倶子(まつおともこ)さん。

「人間は本来、健やかな存在である ~みかどクリニック院長~ 」の医師・三角大慈(みすみたいじ)さん。

「大丈夫。すべてはうまくいっている ~胆管細胞がん、余命5ヶ月から~」の桐谷芳恵さん。

「がんを明るく生きる ~前立腺がん末期、余命3ヶ月から15年~」の伊藤 勇さん。

コーナー「想いは繋がっていく」では、「力を抜いて、穏やかに流れるように ~末期胃がんから5年、新たな危機を乗り越えて~」の射場恵美子さん。その他、連載も充実!

通報する