【録画配信】第2期《心の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座 | Messenger 杉浦貴之

1/1

【録画配信】第2期《心の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座

¥3,300 税込

この商品は送料無料です。

【一般・個別参加】

終了した1月19日、2月3日の講座は録画動画をお送りします。

4回コース参加の方は、杉浦貴之オンライン個人相談(30分)、養生セミナーのZOOM打ち上げ参加、「治る力はあなたの中にある」杉浦セミナー動画、2020年養生セミナー動画2本(お選びください)の特典が付きます。

こちらは講座を選んでの個別参加コースです。

第2期オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《心の養生編》

「専門家に学ぶ、治癒力を高める心のケア」

カウンセリング、コーチングなど、たくさんの現場での経験を持つ4人の心の専門家による、治癒力を高める養生とは?

第1期が大好評で、たくさんのリクエストをいただいての開催です。

2020年の夏から始まった第1期の養生セミナーに参加し、

「泣いて笑って、感動して腑に落ちて、最高のセミナーでした」「すぐに実践できることが散りばめられていて、確実に人生が変わりました」「私もまだまだ大丈夫。道は無限にあると思え、希望が湧いてきた」「自分なりの養生法が見つかった」

「講師と繋がり、病気を乗り越えていく心強い味方ができた」「テーマごとに4人の講師がいて、自分に合うものを取り入れることが出来た」「4人講師が共通して伝えられることもあり、それが真理なんだと腑に落ちた」

などなどの感想をいただいています。

誰もが持つ命の可能性、

誰もが持つ命の輝き、

命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。

治癒力を高めるメンタルケア、

治療効果を引き出すセルフケア、

生活の中ですぐに実践できること、

養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。

道は無限にあります。

少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。

《心の養生編》《体の養生編》《魂の養生編》

2022年1月~2022年7月まで、それぞれ4回講座を実施。

まずは《心の養生編》からです。

ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、それぞれ4人のスペシャリストによる養生セミナー。

Zoomのシステムで、語り合い、参加者さん同士、講師の皆さんと素敵な繋がりもできたらうれしいです。毎回、笑顔あふれる時間になります。

病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。

予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。

《心の養生編》 2022年1月19日(水)録画、2月3日(木)録画、17日(木)、3月2日(水) 
 19時~21時

【講師】
1、久田邦博氏(セルフイメージコーチ・薬剤師・白血病治療20年継続中)

2、玉田まゆ子氏(サイモントン療法認定カウンセラー)『Messenger』53号登場

3、刀根健氏(TA⦅交流分析⦆マスターコンサルタント・肺ステージ4がん生還者) 

4、小澤康敏氏(『ガンの辞典』編集長 ガン患者会『NPO法人いずみの会』理事)『Messenger』47号登場

☆参加費☆
個別参加 1回 一般 3,300円 『Messenger』定期購読 3,000円
(講座を個別に選んで参加)

4回フル参加 一般 11,000円 『Messenger』定期購読者 10,000円

※『Messenger』定期購読のお申込みはこちら⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger

☆お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可)
https://takamessenge.thebase.in/

=============

【第1回】 久田邦博氏(セルフイメージコーチ・薬剤師・白血病治療20年継続中)

2022年1月19日(水) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分

「がんになっても楽しく生きるコツ~薬剤師視点に愛を添えて~」

慢性骨髄性白血病発病から20年。治療を受けながら今も副作用と付き合っています。それでも楽しく幸せに生きるコツとは?がん告知を受けた後、落ち込んだり、否定したり、怒ったりすることでしょう。その後、死を見つめ、人生を振り返り様々な気づきを得て回復するプロセスに入ります。20年間死を意識しながら治療を受けてきた経験から、そのプロセスを「枯れる時期」「根を張る時期」「新芽が出る時期」と表現します。不安に揺れるとき、どのように向き合えばいいのか、どのように乗り越え、しあわせに生きることができるか。感情の取り扱い方法も薬剤師視点を添えてお伝えします。

【第2回・会場参加可】 玉田まゆ子氏(サイモントン療法認定カウンセラー) 

2022年2月3日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分

「がんとこころの関係~こころのセルフケアのすすめ~」

自分自身や家族や大切な人が病気になったとき、大きなショックで、「何が悪かったのだろう?」と自分を責めてしまったり、病気をすることが悪いことや弱いことと受け止めてしまったりすることがあるかも知れません。しかし、病気はメッセンジャーで、自分自身やその周りも含めて、「より良い改善を促してくれていると仮定してみる」とどうでしょうか?こころの在り方と病気の関係や、こころのセルフケアの方法をお伝えします。

会場⇒飛騨高山森のエコハウス
https://hidawarabe.org/

※18時半~ (会場前説)杉浦貴之ミニライブ

【第3回】 刀根健氏(TA⦅交流分析⦆マスターコンサルタント・肺ステージ4がん生還者)

2022年2月17日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分

「ステージ4Bからの生還とメンタルの関係」

2016年9月、肺がん(ステージ4)が発覚。翌年脳転移が見つかり、さらに精密検査で全身に転移が見つかりましたが、その絶望的な状況から奇跡的に回復し、2017年7月末の診察でがんはほとんど消失。がんになると、「どうして私が?」「何が悪かったんだろう?」「これからどうなる?」いきなり世界が変わります。混乱し、恐怖し、慌て、焦ります。それはある意味、体験した人しか分からない世界かもしれません。運よく先にその体験を通り抜けた者として、そこから学んだこと、気づいたこと、そしてその“自分”との付き合い方をお話ししたいと思います。

【第4回・会場参加可】 小澤康敏氏(『ガンの辞典』編集長 ガン患者会『NPO法人いずみの会』理事)

2022年 3月2日(水) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分

「治ることを妨げる心のブレーキを外す!~愛着障害~」

免疫の働きに掛けられたブレーキを外す。がん抑制遺伝子の発現をブロックしているものを解除する。先進的な医療は人体の治癒力を活用する時代になってきました。ブレーキを取り除くことで本来備わっている治癒力が再起動する。心の面で最大のブレーキとなる「愛着」について、事例を挙げながらお伝えします。

会場⇒Cafeあすなろ
https://peraichi.com/landing_pages/view/wf0nz/

※18時半~ (会場前説)杉浦貴之ミニライブ

【第5回】 4回フルコース参加の特典! 打ち上げお茶会!講師の方の参加もあるかも!

2020年3月10日(木)19時~21時 交流サロン

================

各回、カメラオフ、マイクオフで、ただ聴くだけの参加も可能です。ニックネームも使えますので、気軽にご参加ください。

※住所は最後まで書かなくても大丈夫です。また、お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。

※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/hc/ja/sections/115000035722-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

☆お問合せ☆
i_wakui@yahoo.co.jp
080-4110-7342(涌井)

《体の養生編》  3月31日、4月14,28日、5月12日(予定) 19時~21時
1、 遠藤聡哲氏(鍼灸師)『Messenger』59号登場
2、 山本理恵氏(ボイストレーナー)
3、おのころ心平氏(自然治癒力学校創始者)『Messenger』39号登場 
4、船戸崇史氏(医師)『Messenger』47,54号登場

【講師プロフィール】
☆久田邦博☆ 
薬剤師、作家、セルフイメージコーチ、研修デザイナー&ファンタジスタ、プレゼンテーションスキルコーチ、がんピアサポーター。名城大学薬学部卒。1986年に大手製薬会社入社。医薬情報担当者(MR)として課長昇進後の2001年8月慢性骨髄性白血病発病。自分らしく生きることを目指し2019年3月退職。現在は研修デザイナー&ファンタジスタとして闘病体験を開示した医療接遇・倫理講演活動も活発に行い47都道府県で講演。がんピアサポーター等、患者支援活動にも参画し病に負けない生き方を市民やがんサバイバーに向けて講演。コロナ禍においてがんサバイバーが孤立する課題解決のため無料オンラインサロン「がんサポ喫茶止まり木」を立ち上げて毎週2回運営し全国からのがんサバイバーの駆け込み寺となっている。一瞬でしあわせになるおまじない「しあわせです感謝」を全国に広める活動中。著書『死ぬまでに読んでおけ』。

☆玉田まゆ子☆ 
心理療法家となり16年目、クリニックや自営サロン(高山市)にて、約15000件のカウンセリングやセラピーを提供する中で、病気のメッセージに耳を傾け、自分と病気を癒して自ら元気に戻っていく相談者の姿を目の当たりにしたことにより、「こころのセルフケアのすすめ」を提唱。コロナ後は電話やオンラインでのカウンセリングもスタート。人間関係の悩みから人生の課題など日常的に生まれる悩みから、がん・重度のアトピー・うつなどの治療中の方々のメンタルサポートなど、広くカウンセリングや催眠療法を提供している。大阪生まれ。愛犬家。公式ホームページ⇒http://www.tamadamayuko.com/

☆刀根健☆
1966年、千葉県出身。産業カウンセラー、TAインストラクター上級。東京電機大学理工学部卒後、大手商社に入社。心理カウンセリングの資格取得コースの開発や、人事部門での教育・研修・制度を担当。人事制度の改革や風土改革等のコンサルティング、企業や病院におけるコミュニケーションやリーダーシップ開発の研修の人気講師として活躍する。しかし、2016年9月1日に肺がんステージ4と診断。2017年6月13日に脳転移治療のため1ヶ月入院。精密検査で脳の他に両目(眼内主腫瘍)、左右の肺、肺~首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨転移が新たに見つかる。医者に「いま心臓が止まってもおかしくない」と告げられる。その絶望的な状況で不思議な神秘体験をする。その神秘体験後、分子標的薬が劇的に効き奇跡的に回復。2017年7月末の診察で癌はほとんど消失する。現在はその体験を通しての気づきを元に講演、セミナー、執筆などで活躍中。著者に『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)がある。

☆小澤康敏☆
「ガンの辞典」編集長。ガン患者会 NPO法人いずみの会理事。元大手抗癌剤メーカー勤務。元漢方専門薬局運営。2004年ガン専門情報サイト「ガンの辞典」を開設。ガン体験者や患者会、支援団体、医療機関、各種療法を取材し記事を掲載。患者会やイベントのサポート、セミナー・講演活動・個人相談もしている。取材をもとに「ガン克服テキスト3部作」を編集発行。ガンの辞典http://www.gan-jiten.com

終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,300 税込

送料無料

最近チェックした商品
    その他の商品