• ¥ 11,000
  • 一般参加・全4回フルコースのお申込み窓口です。 4月22日、5月6日の講座は録画のURLを送ります。録画の個別のご購入も可能です。 4月22日~6月3日《命の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座ファイナル 「Messenger 希望の架け橋」 オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《命の養生編》 終了した《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》は一部を除き録画配信しています。 ご入金確認後、Zoomのアドレスを送信いたします。 録画参加、講座を選んで個別の参加も可能です! Zoomのビデオ会議システムを使います。 「治る力はあなたの中にある」 誰もが持つ命の可能性、 誰もが持つ命の輝き、 命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。 杉浦貴之が発刊する『Messenger』にご登場いただいたスペシャリストの皆さんに講師をお願いしました。 《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》 2020年7月~2021年3月まで、それぞれ4回講座を実施。 ファイナルとして《命の養生編》を開催! 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、 病から奇跡的な治癒を果たした4人のサバイバーであり、養生のスペシャリストによるセミナー。 どんなメンタルでその病を乗り越え、本来に生きる力を取り戻していったか。 その体験を元に、様々な角度から学び、多くの方に生き方をレクチャーされている講師の皆さんです。 特定の治療法や健康法を勧めたり、現代医療を否定して自然治癒を勧めたりするものではありません。 講師の生き方から、治療効果を高めたり、治る可能性を見出したり、 生きるエネルギーを高め、生き抜く力を引き出し、 それぞれの輝く人生の参考にしていただければ幸いです。 誰でもすぐに実践できる内容、養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。 少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。 Zoomのシステムで、語り合い、参加者さん同士、講師の皆さんと素敵な繋がりもできたらうれしいです。毎回、笑顔あふれる時間になります。 病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日、19時~21時 【講師】 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日 19時~21時 1、4月22日 小島もと子氏(自然療法コンサルタント/子宮がん経験者)『Messenger』28,45号登場 2、5月6日 髙原和也氏(整体師/白血病経験者)『Messenger』53号登場 3、5月18日 岡部明美氏(心理カウンセラー/脳腫瘍経験者) 4、6月3日 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん経験者)『Messenger』45号登場 5、6月17日 4回コース参加特典・杉浦貴之特別セミナー(『Messenger』編集長/希少がん経験者) ☆参加費☆ 個別参加 1回 一般 3,300円 『Messenger』定期購読者 3,000円  (講座を個別に選んで参加・特別セミナーも同額) 全4回フルコース参加(第1回、第2回講座は録画)  一般 11,000円 『Messenger』定期購読者 10,000円 (杉浦貴之特別セミナー付) ☆『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger ※さらに4回以上参加の特典として、打ち上げお茶会参加できます(第1回講座の録画購入の方を含む) ☆お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) https://takamessenge.thebase.in/ ============= 【第1回】 小島もと子氏(産業カウンセラー/自然療法コンサルタント/がん経験者) 2021年 4月22日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「あなたのなかにある治癒力を開花」 1991年、2001年と2度のがんが自然療法にて治癒。自然治癒力は特別なものではなくて誰にでも備わっています。治癒の過程で得たことを、身体面、精神面、食生活面など多角的な視野で心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も健やかに心豊かに過ごせるよう、そのエッセンスをお伝えします。誰もが持つ『偉大な治癒力』を発動させるには?天と大地からのエネルギーを受け取る呼吸法も体験していただきます。 【第2回】 髙原和也氏(整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒)  2021年5月6日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージ」 がんの癒しへの道は自分の内側に意識を向けたところから始まりました。白血病で骨髄移植後再発、全身転移へと悪化し、余命2〜3週間の宣告時、ある人から掛けられた言葉で犠牲者(被害者)という立場をやめるきっかけを得る。その後、『愛』の力でがんという状態をつくることも、癒すこともできることを、当時8才の娘が身をもって教えてくれました。病は37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージだと気づき、自己治癒にたどり着いた体験をお伝えします。自身の体験・経験をベースに行う整体や感情ストレス解放セッションについても触れます。 【第3回】 岡部明美氏(心理カウンセラー/作家/脳腫瘍経験者) 2021年5月18日(火) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「私に帰る旅 ~命の痛みを癒し、本当の自分を生きる~」 1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出合い、自然治癒力を高める数々の代替療法、自然療法を実践し克服。病(命の痛み)はメッセージ。身体は言葉を持たないので、病気や症状というシグナルを出すことであなたに何かを気づかせようとします。身体の声を聴き、命の痛みを癒し、自分を肯定し、本当の自分を生きるためには?病の中にあるギフトを発見するきっかけになればと思います。ワークを交えながらお伝えします。 【第4回】 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん肺転移から37年) 2021年6月3日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「今を生きる~あるがまま、で素晴らしい~」 今、この瞬間に生きている、と感動していますか?私たちは、今、人間も含む自然のすべてに生かされていると感じる時、自分の内にある愛に気がつくのです。思考を離れ感じる力を養うこと、自分を愛すること、大元にある内側に意識を向けることなど、すべてが繋がりをもって、私達を導き助けてくれています。今、という瞬間に自分の存在を受け入れ、愛してあげることから、人生の真の喜び、真の癒しは始まると思っています。私が実践したことの中から、笑顔で生きるヒントをお話できればと思います。 【特別セミナー】 4回フル参加特典!杉浦貴之・ビンビン養生セミナー 杉浦貴之(『Messenger』編集長&シンガーソングライター/希少がん経験者) 2021年6月17日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「治る力はあなたの中にある」 がん余命宣告から21年。20名の養生セミナー講師が伝えている命のメッセージをいかに生かし、実践するか。命のマガジン『Messenger』の取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること。対談した医師たちから学んだことは?自分オリジナルの治癒の道、人生航路をいかに見つけ、ブレる心を立て直しながらいかに楽しんで歩んでいくか。養生セミナーの総決算として魂を込めてお伝えします。 代表曲『大丈夫だよ』→https://youtu.be/QF4vUlrkf5I 【打ち上げお茶会】 4回フル参加特典! 打ち上げお茶会!講師の方の参加もあるかも! 2021年6月24日(木)19時~21時 交流サロン  ================ 各回、カメラオフ、マイクオフで、ただ聴くだけの参加も可能です。ニックネームも使えますので、気軽にご参加ください。 ※住所は最後まで書かなくても大丈夫です。また、お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/hc/ja/sections/115000035722-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) ☆お振込先(お申込みがうまくできなかった場合)☆ 〈郵便局からのお振込みの方〉 01730-7-95823 【名義】メッセンジャー 〈他金融機関からのお振込みの方〉 【銀行名】ゆうちょ銀行 【 店名】一七九(イチナナキュウ)  【店番】179 【預金種目】当座  【口座番号】0095823 【名義】メッセンジャー ☆Zoomについて☆ Zoomはインストールしてなくてもできますし、この日までにぜひテストしてみてください。Zoomはサインアップしておくと良いと思いますが、していなくてもできます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html zoomの使い方が書いてあります。 https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ こちらは動画で説明してくれています。 https://www.youtube.com/watch?v=zXX-hxUZJUk 【講師プロフィール】 ☆小島もと子☆ 自然療法コンサルタント/子宮がん経験者 治癒力開花研究会 I am(アイム)代表。産業カウンセラー、自然療法コンサルタント、声紋分析心理学士、声磨き講師。1991年、2001年と二度の子宮頸がんは自然療法にて治癒。その過程で 様々な自然療法に取り組むなかで「心と身体のつながり」 「病は体からのメッセージであること」を実体験する。治癒の過程で得たことを、総括的にまとめ身体面、精神面、食生活面、代替療法、デトックス療法など多角的な視野で 心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も 健やかに心豊かに過ごせるよう自然な暮らし方のアドバイスなど、2006年よりサイトやブログでの発信を始める。がんに向き合う方が学びあう「アイムの会」を開催。カウンセリング延べ人数は2019年現在300名様超。著書に体験談をまとめた冊子『がん~その自然治癒の軌跡』がある。 ☆髙原和也☆ 整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒 1975年沖縄県生まれ。2007年3月、31歳の時に転勤先の石垣島で沖縄県職員として勤務していたところ、リンパの腫れや微熱が続き検査したところ「成人T細胞白血病」急性型(ステージ4)と診断される。同年12月骨髄バンクを通じ骨髄移植。一時寛解したものの移植から10ヶ月後(2008年10月)に再発。放射線治療を受け再寛解。2009年4月職場復帰したが2カ月後に腓骨の病的骨折で再々発し、全身転移。同年8月「早くて2~3週間。今のうちに会いたい人に会ってきて下さい」と余命宣告を受け退院。その後、様々な代替療法で希望をつなぎ延命していた中出会った方の一言で意識の変容が起こる。その後、一進一退を繰り返しながら2010年11月自然治癒(自己治癒)。2019年3月沖縄県庁を退職し「なごみや整体院」を開院。自身の体験・経験をベースに整体や感情ストレス解放セッション(RAS®)、量子波動測定器メタトロン等を活用し、こころとからだの不調改善のサポートを行っている。 ☆岡部明美(おかべあけみ)☆ 心理カウンセラー/作家 心理カウンセラー/セラピスト/作家。1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出会い、自然治癒力、免疫力を高める数々の代替療法、自然療法、自助療法を実践し克服。この間、意識変容が治療への鍵であることを知り、様々なワーク、セラピー、ボディワーク、ヒーリング、瞑想などを体験。病からの気づきを書いた「もどっておいで私の元気!」(善文社)は25年間のロングセラー。治癒への具体的なプロセスと人生の目的を探求した「私に帰る旅」「約束された道」も隠れたベストセラー。https://okabeakemi.com/ ☆寺山心一翁(てらやましんいちろう)☆ 1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、フィンドホーン財団フェロー、著書『がんが消えた~ある自然治癒の記録』(日本教文社)http://www.shin-terayama.jp/ ☆杉浦貴之(すぎうらたかゆき)☆ 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 10,000
  • 『Messenger』定期購読者・全4回フルコースのお申込み窓口です。 4月22日、5月6日の講座は録画のURLを送ります。録画の個別のご購入も可能です。 4月22日~6月3日《命の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座ファイナル 「Messenger 希望の架け橋」 オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《命の養生編》 終了した《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》は一部を除き録画配信しています。 ご入金確認後、Zoomのアドレスを送信いたします。 録画参加、講座を選んで個別の参加も可能です! Zoomのビデオ会議システムを使います。 「治る力はあなたの中にある」 誰もが持つ命の可能性、 誰もが持つ命の輝き、 命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。 杉浦貴之が発刊する『Messenger』にご登場いただいたスペシャリストの皆さんに講師をお願いしました。 《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》 2020年7月~2021年3月まで、それぞれ4回講座を実施。 ファイナルとして《命の養生編》を開催! 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、 病から奇跡的な治癒を果たした4人のサバイバーであり、養生のスペシャリストによるセミナー。 どんなメンタルでその病を乗り越え、本来に生きる力を取り戻していったか。 その体験を元に、様々な角度から学び、多くの方に生き方をレクチャーされている講師の皆さんです。 特定の治療法や健康法を勧めたり、現代医療を否定して自然治癒を勧めたりするものではありません。 講師の生き方から、治療効果を高めたり、治る可能性を見出したり、 生きるエネルギーを高め、生き抜く力を引き出し、 それぞれの輝く人生の参考にしていただければ幸いです。 誰でもすぐに実践できる内容、養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。 少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。 Zoomのシステムで、語り合い、参加者さん同士、講師の皆さんと素敵な繋がりもできたらうれしいです。毎回、笑顔あふれる時間になります。 病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日、19時~21時 【講師】 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日 19時~21時 1、4月22日 小島もと子氏(自然療法コンサルタント/子宮がん経験者)『Messenger』28,45号登場 2、5月6日 髙原和也氏(整体師/白血病経験者)『Messenger』53号登場 3、5月18日 岡部明美氏(心理カウンセラー/脳腫瘍経験者) 4、6月3日 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん経験者)『Messenger』45号登場 5、6月17日 4回コース参加特典・杉浦貴之特別セミナー(『Messenger』編集長/希少がん経験者) ☆参加費☆ 個別参加 1回 一般 3,300円 『Messenger』定期購読者 3,000円  (講座を個別に選んで参加・特別セミナーも同額) 全4回フルコース参加(第1回、第2回講座は録画)  一般 11,000円 『Messenger』定期購読者 10,000円 (杉浦貴之特別セミナー付) ☆『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger ※さらに4回以上参加の特典として、打ち上げお茶会参加できます(第1回講座の録画購入の方を含む) ☆お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) https://takamessenge.thebase.in/ ============= 【第1回】 小島もと子氏(産業カウンセラー/自然療法コンサルタント/がん経験者) 2021年 4月22日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「あなたのなかにある治癒力を開花」 1991年、2001年と2度のがんが自然療法にて治癒。自然治癒力は特別なものではなくて誰にでも備わっています。治癒の過程で得たことを、身体面、精神面、食生活面など多角的な視野で心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も健やかに心豊かに過ごせるよう、そのエッセンスをお伝えします。誰もが持つ『偉大な治癒力』を発動させるには?天と大地からのエネルギーを受け取る呼吸法も体験していただきます。 【第2回】 髙原和也氏(整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒)  2021年5月6日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージ」 がんの癒しへの道は自分の内側に意識を向けたところから始まりました。白血病で骨髄移植後再発、全身転移へと悪化し、余命2〜3週間の宣告時、ある人から掛けられた言葉で犠牲者(被害者)という立場をやめるきっかけを得る。その後、『愛』の力でがんという状態をつくることも、癒すこともできることを、当時8才の娘が身をもって教えてくれました。病は37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージだと気づき、自己治癒にたどり着いた体験をお伝えします。自身の体験・経験をベースに行う整体や感情ストレス解放セッションについても触れます。 【第3回】 岡部明美氏(心理カウンセラー/作家/脳腫瘍経験者) 2021年5月18日(火) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「私に帰る旅 ~命の痛みを癒し、本当の自分を生きる~」 1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出合い、自然治癒力を高める数々の代替療法、自然療法を実践し克服。病(命の痛み)はメッセージ。身体は言葉を持たないので、病気や症状というシグナルを出すことであなたに何かを気づかせようとします。身体の声を聴き、命の痛みを癒し、自分を肯定し、本当の自分を生きるためには?病の中にあるギフトを発見するきっかけになればと思います。ワークを交えながらお伝えします。 【第4回】 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん肺転移から37年) 2021年6月3日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「今を生きる~あるがまま、で素晴らしい~」 今、この瞬間に生きている、と感動していますか?私たちは、今、人間も含む自然のすべてに生かされていると感じる時、自分の内にある愛に気がつくのです。思考を離れ感じる力を養うこと、自分を愛すること、大元にある内側に意識を向けることなど、すべてが繋がりをもって、私達を導き助けてくれています。今、という瞬間に自分の存在を受け入れ、愛してあげることから、人生の真の喜び、真の癒しは始まると思っています。私が実践したことの中から、笑顔で生きるヒントをお話できればと思います。 【特別セミナー】 4回フル参加特典!杉浦貴之・ビンビン養生セミナー 杉浦貴之(『Messenger』編集長&シンガーソングライター/希少がん経験者) 2021年6月17日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「治る力はあなたの中にある」 がん余命宣告から21年。20名の養生セミナー講師が伝えている命のメッセージをいかに生かし、実践するか。命のマガジン『Messenger』の取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること。対談した医師たちから学んだことは?自分オリジナルの治癒の道、人生航路をいかに見つけ、ブレる心を立て直しながらいかに楽しんで歩んでいくか。養生セミナーの総決算として魂を込めてお伝えします。 代表曲『大丈夫だよ』→https://youtu.be/QF4vUlrkf5I 【打ち上げお茶会】 4回フル参加特典! 打ち上げお茶会!講師の方の参加もあるかも! 2021年6月24日(木)19時~21時 交流サロン  ================ 各回、カメラオフ、マイクオフで、ただ聴くだけの参加も可能です。ニックネームも使えますので、気軽にご参加ください。 ※住所は最後まで書かなくても大丈夫です。また、お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/hc/ja/sections/115000035722-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) ☆お振込先(お申込みがうまくできなかった場合)☆ 〈郵便局からのお振込みの方〉 01730-7-95823 【名義】メッセンジャー 〈他金融機関からのお振込みの方〉 【銀行名】ゆうちょ銀行 【 店名】一七九(イチナナキュウ)  【店番】179 【預金種目】当座  【口座番号】0095823 【名義】メッセンジャー ☆Zoomについて☆ Zoomはインストールしてなくてもできますし、この日までにぜひテストしてみてください。Zoomはサインアップしておくと良いと思いますが、していなくてもできます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html zoomの使い方が書いてあります。 https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ こちらは動画で説明してくれています。 https://www.youtube.com/watch?v=zXX-hxUZJUk 【講師プロフィール】 ☆小島もと子☆ 自然療法コンサルタント/子宮がん経験者 治癒力開花研究会 I am(アイム)代表。産業カウンセラー、自然療法コンサルタント、声紋分析心理学士、声磨き講師。1991年、2001年と二度の子宮頸がんは自然療法にて治癒。その過程で 様々な自然療法に取り組むなかで「心と身体のつながり」 「病は体からのメッセージであること」を実体験する。治癒の過程で得たことを、総括的にまとめ身体面、精神面、食生活面、代替療法、デトックス療法など多角的な視野で 心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も 健やかに心豊かに過ごせるよう自然な暮らし方のアドバイスなど、2006年よりサイトやブログでの発信を始める。がんに向き合う方が学びあう「アイムの会」を開催。カウンセリング延べ人数は2019年現在300名様超。著書に体験談をまとめた冊子『がん~その自然治癒の軌跡』がある。 ☆髙原和也☆ 整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒 1975年沖縄県生まれ。2007年3月、31歳の時に転勤先の石垣島で沖縄県職員として勤務していたところ、リンパの腫れや微熱が続き検査したところ「成人T細胞白血病」急性型(ステージ4)と診断される。同年12月骨髄バンクを通じ骨髄移植。一時寛解したものの移植から10ヶ月後(2008年10月)に再発。放射線治療を受け再寛解。2009年4月職場復帰したが2カ月後に腓骨の病的骨折で再々発し、全身転移。同年8月「早くて2~3週間。今のうちに会いたい人に会ってきて下さい」と余命宣告を受け退院。その後、様々な代替療法で希望をつなぎ延命していた中出会った方の一言で意識の変容が起こる。その後、一進一退を繰り返しながら2010年11月自然治癒(自己治癒)。2019年3月沖縄県庁を退職し「なごみや整体院」を開院。自身の体験・経験をベースに整体や感情ストレス解放セッション(RAS®)、量子波動測定器メタトロン等を活用し、こころとからだの不調改善のサポートを行っている。 ☆岡部明美(おかべあけみ)☆ 心理カウンセラー/作家 心理カウンセラー/セラピスト/作家。1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出会い、自然治癒力、免疫力を高める数々の代替療法、自然療法、自助療法を実践し克服。この間、意識変容が治療への鍵であることを知り、様々なワーク、セラピー、ボディワーク、ヒーリング、瞑想などを体験。病からの気づきを書いた「もどっておいで私の元気!」(善文社)は25年間のロングセラー。治癒への具体的なプロセスと人生の目的を探求した「私に帰る旅」「約束された道」も隠れたベストセラー。https://okabeakemi.com/ ☆寺山心一翁(てらやましんいちろう)☆ 1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、フィンドホーン財団フェロー、著書『がんが消えた~ある自然治癒の記録』(日本教文社)http://www.shin-terayama.jp/ ☆杉浦貴之(すぎうらたかゆき)☆ 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 3,300
  • 一般・個別参加のお申込み窓口です。 4月22日~6月3日《命の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座ファイナル 「Messenger 希望の架け橋」 オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《命の養生編》 終了した《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》は一部を除き録画配信しています。 ご入金確認後、Zoomのアドレスを送信いたします。 録画参加、講座を選んで個別の参加も可能です! Zoomのビデオ会議システムを使います。 「治る力はあなたの中にある」 誰もが持つ命の可能性、 誰もが持つ命の輝き、 命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。 杉浦貴之が発刊する『Messenger』にご登場いただいたスペシャリストの皆さんに講師をお願いしました。 《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》 2020年7月~2021年3月まで、それぞれ4回講座を実施。 ファイナルとして《命の養生編》を開催! 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、 病から奇跡的な治癒を果たした4人のサバイバーであり、養生のスペシャリストによるセミナー。 どんなメンタルでその病を乗り越え、本来に生きる力を取り戻していったか。 その体験を元に、様々な角度から学び、多くの方に生き方をレクチャーされている講師の皆さんです。 特定の治療法や健康法を勧めたり、現代医療を否定して自然治癒を勧めたりするものではありません。 講師の生き方から、治療効果を高めたり、治る可能性を見出したり、 生きるエネルギーを高め、生き抜く力を引き出し、 それぞれの輝く人生の参考にしていただければ幸いです。 誰でもすぐに実践できる内容、養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。 少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。 Zoomのシステムで、語り合い、参加者さん同士、講師の皆さんと素敵な繋がりもできたらうれしいです。毎回、笑顔あふれる時間になります。 病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日、19時~21時 【講師】 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日 19時~21時 1、4月22日 小島もと子氏(自然療法コンサルタント/子宮がん経験者)『Messenger』28,45号登場 2、5月6日 髙原和也氏(整体師/白血病経験者)『Messenger』53号登場 3、5月18日 岡部明美氏(心理カウンセラー/脳腫瘍経験者) 4、6月3日 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん経験者)『Messenger』45号登場 5、6月17日 4回コース参加特典・杉浦貴之特別セミナー(『Messenger』編集長/希少がん経験者) ☆参加費☆ 個別参加 1回 一般 3,300円 『Messenger』定期購読者 3,000円  (講座を個別に選んで参加・特別セミナーも同額) 全4回フルコース参加 一般 11,000円 『Messenger』定期購読者 10,000円 (杉浦貴之特別セミナー付) ☆『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger ※さらに4回以上参加の特典として、打ち上げお茶会参加できます(6月24日) ☆お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) https://takamessenge.thebase.in/ ============= 【第1回】 小島もと子氏(産業カウンセラー/自然療法コンサルタント/がん経験者) 2021年 4月22日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「あなたのなかにある治癒力を開花」 1991年、2001年と2度のがんが自然療法にて治癒。自然治癒力は特別なものではなくて誰にでも備わっています。治癒の過程で得たことを、身体面、精神面、食生活面など多角的な視野で心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も健やかに心豊かに過ごせるよう、そのエッセンスをお伝えします。誰もが持つ『偉大な治癒力』を発動させるには?天と大地からのエネルギーを受け取る呼吸法も体験していただきます。 【第2回】 髙原和也氏(整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒)  2021年5月6日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージ」 がんの癒しへの道は自分の内側に意識を向けたところから始まりました。白血病で骨髄移植後再発、全身転移へと悪化し、余命2〜3週間の宣告時、ある人から掛けられた言葉で犠牲者(被害者)という立場をやめるきっかけを得る。その後、『愛』の力でがんという状態をつくることも、癒すこともできることを、当時8才の娘が身をもって教えてくれました。病は37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージだと気づき、自己治癒にたどり着いた体験をお伝えします。自身の体験・経験をベースに行う整体や感情ストレス解放セッションについても触れます。 【第3回】 岡部明美氏(心理カウンセラー/作家/脳腫瘍経験者) 2021年5月18日(火) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「私に帰る旅 ~命の痛みを癒し、本当の自分を生きる~」 1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出合い、自然治癒力を高める数々の代替療法、自然療法を実践し克服。病(命の痛み)はメッセージ。身体は言葉を持たないので、病気や症状というシグナルを出すことであなたに何かを気づかせようとします。身体の声を聴き、命の痛みを癒し、自分を肯定し、本当の自分を生きるためには?病の中にあるギフトを発見するきっかけになればと思います。ワークを交えながらお伝えします。 【第4回】 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん肺転移から37年) 2021年6月3日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「今を生きる~あるがまま、で素晴らしい~」 今、この瞬間に生きている、と感動していますか?私たちは、今、人間も含む自然のすべてに生かされていると感じる時、自分の内にある愛に気がつくのです。思考を離れ感じる力を養うこと、自分を愛すること、大元にある内側に意識を向けることなど、すべてが繋がりをもって、私達を導き助けてくれています。今、という瞬間に自分の存在を受け入れ、愛してあげることから、人生の真の喜び、真の癒しは始まると思っています。私が実践したことの中から、笑顔で生きるヒントをお話できればと思います。 【特別セミナー】 4回フル参加特典!杉浦貴之・ビンビン養生セミナー 杉浦貴之(『Messenger』編集長&シンガーソングライター/希少がん経験者) 2021年6月17日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「治る力はあなたの中にある」 がん余命宣告から21年。20名の養生セミナー講師が伝えている命のメッセージをいかに生かし、実践するか。命のマガジン『Messenger』の取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること。対談した医師たちから学んだことは?自分オリジナルの治癒の道、人生航路をいかに見つけ、ブレる心を立て直しながらいかに楽しんで歩んでいくか。養生セミナーの総決算として魂を込めてお伝えします。 代表曲『大丈夫だよ』→https://youtu.be/QF4vUlrkf5I 【打ち上げお茶会】 4回フル参加特典! 打ち上げお茶会!講師の方の参加もあるかも! 2021年6月24日(木)19時~21時 交流サロン  ================ 各回、カメラオフ、マイクオフで、ただ聴くだけの参加も可能です。ニックネームも使えますので、気軽にご参加ください。 ※住所は最後まで書かなくても大丈夫です。また、お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/hc/ja/sections/115000035722-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) ☆お振込先(お申込みがうまくできなかった場合)☆ 〈郵便局からのお振込みの方〉 01730-7-95823 【名義】メッセンジャー 〈他金融機関からのお振込みの方〉 【銀行名】ゆうちょ銀行 【 店名】一七九(イチナナキュウ)  【店番】179 【預金種目】当座  【口座番号】0095823 【名義】メッセンジャー ☆Zoomについて☆ Zoomはインストールしてなくてもできますし、この日までにぜひテストしてみてください。Zoomはサインアップしておくと良いと思いますが、していなくてもできます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html zoomの使い方が書いてあります。 https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ こちらは動画で説明してくれています。 https://www.youtube.com/watch?v=zXX-hxUZJUk 【講師プロフィール】 ☆小島もと子☆ 自然療法コンサルタント/子宮がん経験者 治癒力開花研究会 I am(アイム)代表。産業カウンセラー、自然療法コンサルタント、声紋分析心理学士、声磨き講師。1991年、2001年と二度の子宮頸がんは自然療法にて治癒。その過程で 様々な自然療法に取り組むなかで「心と身体のつながり」 「病は体からのメッセージであること」を実体験する。治癒の過程で得たことを、総括的にまとめ身体面、精神面、食生活面、代替療法、デトックス療法など多角的な視野で 心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も 健やかに心豊かに過ごせるよう自然な暮らし方のアドバイスなど、2006年よりサイトやブログでの発信を始める。がんに向き合う方が学びあう「アイムの会」を開催。カウンセリング延べ人数は2019年現在300名様超。著書に体験談をまとめた冊子『がん~その自然治癒の軌跡』がある。 ☆髙原和也☆ 整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒 1975年沖縄県生まれ。2007年3月、31歳の時に転勤先の石垣島で沖縄県職員として勤務していたところ、リンパの腫れや微熱が続き検査したところ「成人T細胞白血病」急性型(ステージ4)と診断される。同年12月骨髄バンクを通じ骨髄移植。一時寛解したものの移植から10ヶ月後(2008年10月)に再発。放射線治療を受け再寛解。2009年4月職場復帰したが2カ月後に腓骨の病的骨折で再々発し、全身転移。同年8月「早くて2~3週間。今のうちに会いたい人に会ってきて下さい」と余命宣告を受け退院。その後、様々な代替療法で希望をつなぎ延命していた中出会った方の一言で意識の変容が起こる。その後、一進一退を繰り返しながら2010年11月自然治癒(自己治癒)。2019年3月沖縄県庁を退職し「なごみや整体院」を開院。自身の体験・経験をベースに整体や感情ストレス解放セッション(RAS®)、量子波動測定器メタトロン等を活用し、こころとからだの不調改善のサポートを行っている。 ☆岡部明美(おかべあけみ)☆ 心理カウンセラー/作家 心理カウンセラー/セラピスト/作家。1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出会い、自然治癒力、免疫力を高める数々の代替療法、自然療法、自助療法を実践し克服。この間、意識変容が治療への鍵であることを知り、様々なワーク、セラピー、ボディワーク、ヒーリング、瞑想などを体験。病からの気づきを書いた「もどっておいで私の元気!」(善文社)は25年間のロングセラー。治癒への具体的なプロセスと人生の目的を探求した「私に帰る旅」「約束された道」も隠れたベストセラー。https://okabeakemi.com/ ☆寺山心一翁(てらやましんいちろう)☆ 1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、フィンドホーン財団フェロー、著書『がんが消えた~ある自然治癒の記録』(日本教文社)http://www.shin-terayama.jp/ ☆杉浦貴之(すぎうらたかゆき)☆ 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 3,000
  • 『Messenger』定期購読者・個別参加のお申込み窓口です。 4月22日~6月3日《命の養生編》オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座ファイナル 「Messenger 希望の架け橋」 オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座《命の養生編》 終了した《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》は一部を除き録画配信しています。 ご入金確認後、Zoomのアドレスを送信いたします。 録画参加、講座を選んで個別の参加も可能です! Zoomのビデオ会議システムを使います。 「治る力はあなたの中にある」 誰もが持つ命の可能性、 誰もが持つ命の輝き、 命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。 杉浦貴之が発刊する『Messenger』にご登場いただいたスペシャリストの皆さんに講師をお願いしました。 《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑いの養生編》 2020年7月~2021年3月まで、それぞれ4回講座を実施。 ファイナルとして《命の養生編》を開催! 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、 病から奇跡的な治癒を果たした4人のサバイバーであり、養生のスペシャリストによるセミナー。 どんなメンタルでその病を乗り越え、本来に生きる力を取り戻していったか。 その体験を元に、様々な角度から学び、多くの方に生き方をレクチャーされている講師の皆さんです。 特定の治療法や健康法を勧めたり、現代医療を否定して自然治癒を勧めたりするものではありません。 講師の生き方から、治療効果を高めたり、治る可能性を見出したり、 生きるエネルギーを高め、生き抜く力を引き出し、 それぞれの輝く人生の参考にしていただければ幸いです。 誰でもすぐに実践できる内容、養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。 少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。 Zoomのシステムで、語り合い、参加者さん同士、講師の皆さんと素敵な繋がりもできたらうれしいです。毎回、笑顔あふれる時間になります。 病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。 予定が合わない場合、録画で視聴することも可能です。 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日、19時~21時 【講師】 《命の養生編》 4月22日、5月6日、5月18日、6月3日 19時~21時 1、4月22日 小島もと子氏(自然療法コンサルタント/子宮がん経験者)『Messenger』28,45号登場 2、5月6日 髙原和也氏(整体師/白血病経験者)『Messenger』53号登場 3、5月18日 岡部明美氏(心理カウンセラー/脳腫瘍経験者) 4、6月3日 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん経験者)『Messenger』45号登場 5、6月17日 4回コース参加特典・杉浦貴之特別セミナー(『Messenger』編集長/希少がん経験者) ☆参加費☆ 個別参加 1回 一般 3,300円 『Messenger』定期購読者 3,000円  (講座を個別に選んで参加・特別セミナーも同額) 全4回フルコース参加 一般 11,000円 『Messenger』定期購読者 10,000円 (杉浦貴之特別セミナー付) ☆『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger ※さらに4回以上参加の特典として、打ち上げお茶会参加できます(6月24日) ☆お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) https://takamessenge.thebase.in/ ============= 【第1回】 小島もと子氏(産業カウンセラー/自然療法コンサルタント/がん経験者) 2021年 4月22日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「あなたのなかにある治癒力を開花」 1991年、2001年と2度のがんが自然療法にて治癒。自然治癒力は特別なものではなくて誰にでも備わっています。治癒の過程で得たことを、身体面、精神面、食生活面など多角的な視野で心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も健やかに心豊かに過ごせるよう、そのエッセンスをお伝えします。誰もが持つ『偉大な治癒力』を発動させるには?天と大地からのエネルギーを受け取る呼吸法も体験していただきます。 【第2回】 髙原和也氏(整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒)  2021年5月6日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージ」 がんの癒しへの道は自分の内側に意識を向けたところから始まりました。白血病で骨髄移植後再発、全身転移へと悪化し、余命2〜3週間の宣告時、ある人から掛けられた言葉で犠牲者(被害者)という立場をやめるきっかけを得る。その後、『愛』の力でがんという状態をつくることも、癒すこともできることを、当時8才の娘が身をもって教えてくれました。病は37兆個の細胞達からの『愛』のメッセージだと気づき、自己治癒にたどり着いた体験をお伝えします。自身の体験・経験をベースに行う整体や感情ストレス解放セッションについても触れます。 【第3回】 岡部明美氏(心理カウンセラー/作家/脳腫瘍経験者) 2021年5月18日(火) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「私に帰る旅 ~命の痛みを癒し、本当の自分を生きる~」 1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出合い、自然治癒力を高める数々の代替療法、自然療法を実践し克服。病(命の痛み)はメッセージ。身体は言葉を持たないので、病気や症状というシグナルを出すことであなたに何かを気づかせようとします。身体の声を聴き、命の痛みを癒し、自分を肯定し、本当の自分を生きるためには?病の中にあるギフトを発見するきっかけになればと思います。ワークを交えながらお伝えします。 【第4回】 寺山心一翁氏(寺山心一翁オフィス代表/腎臓がん肺転移から37年) 2021年6月3日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「今を生きる~あるがまま、で素晴らしい~」 今、この瞬間に生きている、と感動していますか?私たちは、今、人間も含む自然のすべてに生かされていると感じる時、自分の内にある愛に気がつくのです。思考を離れ感じる力を養うこと、自分を愛すること、大元にある内側に意識を向けることなど、すべてが繋がりをもって、私達を導き助けてくれています。今、という瞬間に自分の存在を受け入れ、愛してあげることから、人生の真の喜び、真の癒しは始まると思っています。私が実践したことの中から、笑顔で生きるヒントをお話できればと思います。 【特別セミナー】 4回フル参加特典!杉浦貴之・ビンビン養生セミナー 杉浦貴之(『Messenger』編集長&シンガーソングライター/希少がん経験者) 2021年6月17日(木) 19時~21時 セミナー70分 質疑応答・交流会 50分 「治る力はあなたの中にある」 がん余命宣告から21年。20名の養生セミナー講師が伝えている命のメッセージをいかに生かし、実践するか。命のマガジン『Messenger』の取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること。対談した医師たちから学んだことは?自分オリジナルの治癒の道、人生航路をいかに見つけ、ブレる心を立て直しながらいかに楽しんで歩んでいくか。養生セミナーの総決算として魂を込めてお伝えします。 代表曲『大丈夫だよ』→https://youtu.be/QF4vUlrkf5I 【打ち上げお茶会】 4回フル参加特典! 打ち上げお茶会!講師の方の参加もあるかも! 2021年6月24日(木)19時~21時 交流サロン  ================ 各回、カメラオフ、マイクオフで、ただ聴くだけの参加も可能です。ニックネームも使えますので、気軽にご参加ください。 ※住所は最後まで書かなくても大丈夫です。また、お申込みシステムに不明な点があればこちらお問合せ下さい。 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/hc/ja/sections/115000035722-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) ☆お振込先(お申込みがうまくできなかった場合)☆ 〈郵便局からのお振込みの方〉 01730-7-95823 【名義】メッセンジャー 〈他金融機関からのお振込みの方〉 【銀行名】ゆうちょ銀行 【 店名】一七九(イチナナキュウ)  【店番】179 【預金種目】当座  【口座番号】0095823 【名義】メッセンジャー ☆Zoomについて☆ Zoomはインストールしてなくてもできますし、この日までにぜひテストしてみてください。Zoomはサインアップしておくと良いと思いますが、していなくてもできます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html zoomの使い方が書いてあります。 https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ こちらは動画で説明してくれています。 https://www.youtube.com/watch?v=zXX-hxUZJUk 【講師プロフィール】 ☆小島もと子☆ 自然療法コンサルタント/子宮がん経験者 治癒力開花研究会 I am(アイム)代表。産業カウンセラー、自然療法コンサルタント、声紋分析心理学士、声磨き講師。1991年、2001年と二度の子宮頸がんは自然療法にて治癒。その過程で 様々な自然療法に取り組むなかで「心と身体のつながり」 「病は体からのメッセージであること」を実体験する。治癒の過程で得たことを、総括的にまとめ身体面、精神面、食生活面、代替療法、デトックス療法など多角的な視野で 心と身体をとらえ、治療中も治癒以降も 健やかに心豊かに過ごせるよう自然な暮らし方のアドバイスなど、2006年よりサイトやブログでの発信を始める。がんに向き合う方が学びあう「アイムの会」を開催。カウンセリング延べ人数は2019年現在300名様超。著書に体験談をまとめた冊子『がん~その自然治癒の軌跡』がある。 ☆髙原和也☆ 整体師/白血病・余命2週間の宣告からの自己治癒 1975年沖縄県生まれ。2007年3月、31歳の時に転勤先の石垣島で沖縄県職員として勤務していたところ、リンパの腫れや微熱が続き検査したところ「成人T細胞白血病」急性型(ステージ4)と診断される。同年12月骨髄バンクを通じ骨髄移植。一時寛解したものの移植から10ヶ月後(2008年10月)に再発。放射線治療を受け再寛解。2009年4月職場復帰したが2カ月後に腓骨の病的骨折で再々発し、全身転移。同年8月「早くて2~3週間。今のうちに会いたい人に会ってきて下さい」と余命宣告を受け退院。その後、様々な代替療法で希望をつなぎ延命していた中出会った方の一言で意識の変容が起こる。その後、一進一退を繰り返しながら2010年11月自然治癒(自己治癒)。2019年3月沖縄県庁を退職し「なごみや整体院」を開院。自身の体験・経験をベースに整体や感情ストレス解放セッション(RAS®)、量子波動測定器メタトロン等を活用し、こころとからだの不調改善のサポートを行っている。 ☆岡部明美(おかべあけみ)☆ 心理カウンセラー/作家 心理カウンセラー/セラピスト/作家。1991年、長男出産直後に脳腫瘍と水頭症を発症して生死の境を彷徨うが奇跡的に生還。3年後に再発するも、ホリスティック医学に出会い、自然治癒力、免疫力を高める数々の代替療法、自然療法、自助療法を実践し克服。この間、意識変容が治療への鍵であることを知り、様々なワーク、セラピー、ボディワーク、ヒーリング、瞑想などを体験。病からの気づきを書いた「もどっておいで私の元気!」(善文社)は25年間のロングセラー。治癒への具体的なプロセスと人生の目的を探求した「私に帰る旅」「約束された道」も隠れたベストセラー。https://okabeakemi.com/ ☆寺山心一翁(てらやましんいちろう)☆ 1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、フィンドホーン財団フェロー、著書『がんが消えた~ある自然治癒の記録』(日本教文社)http://www.shin-terayama.jp/ ☆杉浦貴之(すぎうらたかゆき)☆ 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 2,000
  • 録画配信のお申し込みです。 オフライン&オンライン開催!5月9日(日)村山民愛&杉浦貴之ライブセミナー in 名古屋 「笑って!動いて!どうせなら楽しくいこう!」 舌がんサバイバーで、キャンサーフィトネス認定インストラクター&フラを愛する村山民愛さんと、 2年生存率0%の希少がんを乗り越えてきた、シンガーソングライター杉浦貴之のライブセミナー。 村山民愛さんのエクササイズはご自身のペースでやっていただけるフラダンスと、おしゃべりエクササイズをアレンジしたフラットネス。 カフェで村山民愛さんの講演&フラットネスと杉浦貴之ライブ! 杉浦貴之ライブでは村山民愛さんと皆んなでフラットネスコラボ! 身体を動かし、学んで、笑って、楽しんで、心を解放。生きる力が高まる2時間! 講演、ライブはオンライン参加も可!オンラインでもフラットネスあり。 2013年に口腔底がん(舌がん)、2度の手術を乗り越えてきた村山民愛さんのお話にも、 病気や困難を乗り越えていくヒントがたくさんあります。 ☆日時☆ 2021年5月9日(日)14時~16時 ☆場所☆ TOMS Swiss Cafe      〒464-0807 名古屋市千種区東山通4-10-4      https://toms.nagoya/ ☆スケジュール☆ 14時~16時 村山民愛さんの講演&フラットネスと杉浦貴之のライブ&トーク(Zoomでも配信) ☆定員☆ 【会場参加】 10名 【Zoom参加】 50名 録画参加もOK! ☆料金☆ 【会場参加】  一般 3,000円 『Messenger』定期購読者 2,500円  【ZOOM&録画参加】 一般 2,500円 『Messenger』定期購読者 2,000円 『Messenger』とは⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 〇村山民愛〇 2000年、フィットネス・エアロビクス インストラクターに。2013年、口腔底がん(舌がん)宣告を受け、手術を受けるも腫瘍が取りきれず再び手術。 2014年から周囲のの温かい励ましと、病院のがん患者フィットネスの会で素敵なサバイバーの方々と出逢い、新たな人生始まる。 2017年、キャンサーフィトネス認定インストラクター取得。無理なく 自分のカラダとココロと対話しながら、楽しく効果的なトレーニングを続ける。モットーは『今を楽しく生きる』。がんサバイバーには、気力・体力・仲間・目標が必要です。仲間になりましょう♪ 〇杉浦貴之〇 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 2,500
  • 会場参加費のお申し込みです。 初のコラボライブはオフライン&オンラインのハイブリッド開催! 6月20日(日)Espacio & 杉浦貴之 Special Live in 岡崎 2020年8月結成のインストバンド「Espacio」。ピアノ鎌田浩史、ヴァイオリン加川由梨、パーカッションKenzoによるインストユニット。 哀愁豊かに、時には縦横無尽に駆け回るレンジの広いピアノと美しく煌びやかに唄うヴァイオリン、世界各国のパーカッションを駆使したリズムが三位一体となり、無限に広がる宇宙空間の様にオリジナルの世界観を作りだす。 杉浦貴之の生きる力を呼び覚ます、魂に響く命の歌。 体験を元にしたオリジナルソングを「Espacio」の演奏で届ける。 Vocal 杉浦貴之 Piano 鎌田浩史 Violin 加川由梨  Percussion Kenzo ☆タイムスケジュール☆ 14:00~14:50 Espacio Live 15:00~16:00 杉浦貴之 Live (演奏 Espacio) ☆会場☆ Cafe あすなろ 愛知県岡崎市伊賀町3-1  【定員】 10名(会場参加) ☆料金&お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) 《会場参加》 2,500 円 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。https://help.thebase.in/.../115000035722-%E3%82%A8%E3%83... それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ チームメッセンジャー TEL 080-4110-7342 Email i_wakui@yahoo.co.jp(涌井)  ☆共催☆ チーメッセンジャー Espacio 〇杉浦貴之〇 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com ーEspacioー 2020年8月結成。”Espacio″はスペイン語で”空間″や”宇宙”を意味する。ピアノ鎌田浩史、ヴァイオリン加川由梨、パーカッションKenzoによるインストユニット。4月17日半田市で行われた初のワンマンライブは満員御礼の大成功を収める。http://xd104752.wp.xdomain.jp/ 〇鎌田浩史〇(Piano,Composer,リーダー) 幼少の頃よりクラシックピアノを始め、久石譲氏のヒーリングミュージックに影響を受けピアニストを志す。ジャズクラブやライヴハウスでの演奏活動やシンガーソングライターへの楽曲提供やサポートやアーティストとの共演など名古屋を拠点に東京や大阪など勢力的に活動している。ホームページ⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/hiroshikamada Youtube⇒https://www.youtube.com/channel/UCeC6GJBGiOz6wLH2ZAH5Fog  〇加川由梨〇(Violin) 愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。同大学研究科修了。第9回ベーテン音楽コンクール弦楽器部門全国大会第3位。レオニード・ソロコフ、アデラ・フラジネアヌ氏の公開レッスンを受講。弦楽四重奏やピアノトリオなど室内楽に力を入れ、多数のコンサートに出演やリサイタルを開催。現在、クラシック以外のジャンルの演奏にも取り組み活動している。これまでにヴァイオリンを吉田美雪、福本泰之、D.ノーラン、深山尚久に師事。 〇Kenzo〇(Percussion) 富山県南砺市出身。ヤヒロトモヒロさんのパーカッションスタイルに憧れ色々な民族打楽器を始める。2011年より愛知県に活動の拠点を移す。2014年アラブ音楽と出会い中東の民族楽器ダラブッカ・レク などの演奏も始める。フレームドラムに興味を持ったきっかけで、タンバリンに興味を持ち世界的なタンバリン奏者の田島隆さんに師事。現在は、カホンサークル「楽音ジャック」講師名古屋市大須の南米楽器PUKIO Latinoamericaでカホン講師、その他、カホン・パンデイロなどの個人レッスンを行いながら、自身の参加グループ「トロッコ」「RAYO AZUL」「シャケとマヒマヒ楽団とハチェットおじさん」その他、杉浦貴之さんなどのサポート演奏などの演奏活動を続けている。ホームページ⇒http://freeword.wp.xdomain.jp/ YouTube⇒https://www.youtube.com/channel/UCWNJYltI8WUeJ-x0XyZcW0Q 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 1,000
  • オンライン参加・ご支援窓口のページです。ありがとうございます。 初のコラボライブはオフライン&オンラインのハイブリッド開催! 6月20日(日)Espacio & 杉浦貴之 Special Live in 岡崎 2020年8月結成のインストバンド「Espacio」。ピアノ鎌田浩史、ヴァイオリン加川由梨、パーカッションKenzoによるインストユニット。 哀愁豊かに、時には縦横無尽に駆け回るレンジの広いピアノと美しく煌びやかに唄うヴァイオリン、世界各国のパーカッションを駆使したリズムが三位一体となり、無限に広がる宇宙空間の様にオリジナルの世界観を作りだす。 杉浦貴之の生きる力を呼び覚ます、魂に響く命の歌。 体験を元にしたオリジナルソングを「Espacio」の演奏で届ける。 Vocal 杉浦貴之 Piano 鎌田浩史 Violin 加川由梨  Percussion Kenzo ☆タイムスケジュール☆ 14:00~14:50 Espacio Live 15:00~16:00 杉浦貴之 Live (演奏 Espacio) ☆会場☆ Cafe あすなろ 愛知県岡崎市伊賀町3-1  【定員】 10名(会場参加) ☆料金&お申込み☆ (カード、銀行振込、コンビニ払、PayPal可) 《オンライン参加》 ライブ配信は無料でどなたでもご参加いただけます。 もしよろしければ1口1,000円から活動応援としてお気持ちをいただけると幸いです。 ※決済がうまくいかない場合、こちらを参考にしてみてください。最後の「PAY ID」のチェックを外すとできるときがあります。 それでもエラーが出る場合、下記にお振込をお願いします。その場合、問合せ先まで連絡をお願いいたします。 ☆お問合せ☆ チームメッセンジャー TEL 080-4110-7342 Email i_wakui@yahoo.co.jp(涌井)  ☆共催☆ チーメッセンジャー Espacio 〇杉浦貴之〇 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『Messenger』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『Messenger』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。https://www.taka-messenger.com ーEspacioー 2020年8月結成。”Espacio″はスペイン語で”空間″や”宇宙”を意味する。ピアノ鎌田浩史、ヴァイオリン加川由梨、パーカッションKenzoによるインストユニット。4月17日半田市で行われた初のワンマンライブは満員御礼の大成功を収める。http://xd104752.wp.xdomain.jp/ 〇鎌田浩史〇(Piano,Composer,リーダー) 幼少の頃よりクラシックピアノを始め、久石譲氏のヒーリングミュージックに影響を受けピアニストを志す。ジャズクラブやライヴハウスでの演奏活動やシンガーソングライターへの楽曲提供やサポートやアーティストとの共演など名古屋を拠点に東京や大阪など勢力的に活動している。ホームページ⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/hiroshikamada Youtube⇒https://www.youtube.com/channel/UCeC6GJBGiOz6wLH2ZAH5Fog  〇加川由梨〇(Violin) 愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。同大学研究科修了。第9回ベーテン音楽コンクール弦楽器部門全国大会第3位。レオニード・ソロコフ、アデラ・フラジネアヌ氏の公開レッスンを受講。弦楽四重奏やピアノトリオなど室内楽に力を入れ、多数のコンサートに出演やリサイタルを開催。現在、クラシック以外のジャンルの演奏にも取り組み活動している。これまでにヴァイオリンを吉田美雪、福本泰之、D.ノーラン、深山尚久に師事。 〇Kenzo〇(Percussion) 富山県南砺市出身。ヤヒロトモヒロさんのパーカッションスタイルに憧れ色々な民族打楽器を始める。2011年より愛知県に活動の拠点を移す。2014年アラブ音楽と出会い中東の民族楽器ダラブッカ・レク などの演奏も始める。フレームドラムに興味を持ったきっかけで、タンバリンに興味を持ち世界的なタンバリン奏者の田島隆さんに師事。現在は、カホンサークル「楽音ジャック」講師名古屋市大須の南米楽器PUKIO Latinoamericaでカホン講師、その他、カホン・パンデイロなどの個人レッスンを行いながら、自身の参加グループ「トロッコ」「RAYO AZUL」「シャケとマヒマヒ楽団とハチェットおじさん」その他、杉浦貴之さんなどのサポート演奏などの演奏活動を続けている。ホームページ⇒http://freeword.wp.xdomain.jp/ YouTube⇒https://www.youtube.com/channel/UCWNJYltI8WUeJ-x0XyZcW0Q Kenzoチャンネル

  • ¥ 3,000
  • 会場参加のお申し込み窓口です。 2021年7月5日(月)杉浦貴之トーク&ライブin豊橋@ベジカフェロータス Piano 鎌田浩史        「YELL ~あなたの命が輝きますように~」 この日はたっぷり語ります。 命の根源の力を引きだす生き方とは? 蓮のように広く根を張り、繋がり、命輝く花を咲かせよう。そして、照らしあおう。 魂が震え、勇気、希望、生きる力が湧いてきた。 トークで笑いが止まらず、経験を元にした歌は心の奥底まで響いてきた。 病気になる前より元気になった道のりを、心に響く歌声とユーモアあふれるトークでお届けします。         トーク&ライブ後はベジカフェロータスさん絶品のオーガニックスィーツをいただきます。 【日時】 7月5日(月) 開場13:00 開演13:30~16:30 トーク&ライブ 13:30~15:30 休憩15分 茶話会 15:45~16:30 【料金】 《会場参加》 3,000円 (オーガニックスウィーツ&1ドリンク付) 【会場】 ベジタリアン&オーガニックカフェ 『VEGECAFE LOTUS』 http://vegecafe-lotus.com/ 愛知県豊橋市西岩田6丁目16 【共催】 ボランティアグループ”ふれあい チーメッセンジャー 【お申込み・問い合わせ】 ボランティアグループ”ふれあい ”℡・fax0532-46-3267 メール:sukimoto212@yk2.so-net.ne.jp 携帯:090-6351-6238(鋤本) ☆コロナ感染予防のため ・出演者はマイクシールド、マウスシールドを使います。 ・ご参加の方はマスクをご持参ください。 ・入場時、消毒液で手を消毒させていただきます。 ・当日、体調がすぐれない場合、来場をご遠慮ください。 ・適宜、換気をさせていただきます。 ・緊急事態宣言が発令された場合にはイベントを中止とさせていただくことがあります。 【杉浦貴之】  1971年愛知県生まれ。1999年28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術、化学療法後、再発予防を目的に様々な養生法に取り組む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2018年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。http://www.taka-messenger.com/ 【鎌田浩史】(ピアノ) 久石讓に影響を受け、音楽の道を志し、独自のスタイルを追求。現在、ビッグバンド、カルテット、トリオ、ソロ演奏と多様なスタイルで幅広く演奏活動を行なっている。新進気鋭・注目の若手ピアニスト。 【メッセージ】 命って!生きてるって!人間の可能性ってすごい!余命半年から生還した杉浦さん!どうして今元気でいるのか!気付き、ヒントがたくさん詰まったライブ。病じゃなくても、みんないろんな悩みを持っています。心が感じるまま泣いて笑って♪感動・共感。悩みや心配の種を一つでも減らしてもらえたら嬉しいです。ありがとう。大丈夫だよ。よくがんばってきたね。自分をほめて癒してあげられる日になればと思います。 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 1,000
  • オンライン参加のお申し込み窓口です。1口1,000円からよろしくお願いします。 2021年7月5日(月)杉浦貴之トーク&ライブin豊橋@ベジカフェロータス Piano 鎌田浩史        「YELL ~あなたの命が輝きますように~」 この日はたっぷり語ります。 命の根源の力を引きだす生き方とは? 蓮のように広く根を張り、繋がり、命輝く花を咲かせよう。そして、照らしあおう。 魂が震え、勇気、希望、生きる力が湧いてきた。 トークで笑いが止まらず、経験を元にした歌は心の奥底まで響いてきた。 病気になる前より元気になった道のりを、心に響く歌声とユーモアあふれるトークでお届けします。         トーク&ライブ後はベジカフェロータスさん絶品のオーガニックスィーツをいただきます。 【日時】 7月5日(月) 開場13:00 開演13:30~16:30 トーク&ライブ 13:30~15:30 【会場】 ベジタリアン&オーガニックカフェ 『VEGECAFE LOTUS』 http://vegecafe-lotus.com/ 愛知県豊橋市西岩田6丁目16 【共催】 ボランティアグループ”ふれあい チーメッセンジャー 【お申込み・問い合わせ】 ボランティアグループ”ふれあい ”℡・fax0532-46-3267 メール:sukimoto212@yk2.so-net.ne.jp 携帯:090-6351-6238(鋤本) ☆コロナ感染予防のため ・出演者はマイクシールド、マウスシールドを使います。 ・ご参加の方はマスクをご持参ください。 ・入場時、消毒液で手を消毒させていただきます。 ・当日、体調がすぐれない場合、来場をご遠慮ください。 ・適宜、換気をさせていただきます。 ・緊急事態宣言が発令された場合にはイベントを中止とさせていただくことがあります。 【杉浦貴之】  1971年愛知県生まれ。1999年28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術、化学療法後、再発予防を目的に様々な養生法に取り組む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2018年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。http://www.taka-messenger.com/ 【鎌田浩史】(ピアノ) 久石讓に影響を受け、音楽の道を志し、独自のスタイルを追求。現在、ビッグバンド、カルテット、トリオ、ソロ演奏と多様なスタイルで幅広く演奏活動を行なっている。新進気鋭・注目の若手ピアニスト。 【メッセージ】 命って!生きてるって!人間の可能性ってすごい!余命半年から生還した杉浦さん!どうして今元気でいるのか!気付き、ヒントがたくさん詰まったライブ。病じゃなくても、みんないろんな悩みを持っています。心が感じるまま泣いて笑って♪感動・共感。悩みや心配の種を一つでも減らしてもらえたら嬉しいです。ありがとう。大丈夫だよ。よくがんばってきたね。自分をほめて癒してあげられる日になればと思います。 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 3,000
  • ご入金確認後、、動画配信サイトのアドレスを送信させていただきます。 「Messenger 希望の架け橋」 オンライン・スペシャルビンビン養生セミナー4回講座 Zoomのビデオ会議システムを使います。 「治る力はあなたの中にある」 誰もが持つ命の可能性、 誰もが持つ命の輝き、 命の根源の力を引き出すスペシャリストによる珠玉の4回講座です。 杉浦貴之が発刊する『messenger』にご登場いただいたスペシャリストの皆さんに講師をお願いしました。 《体の養生編》《心の養生編》《魂の養生編》《笑い養生編》 2020年7月~2021年3月まで、それぞれ4回講座を実施。 ファシリテーターは『Messenger』編集長の杉浦貴之が務め、 スペシャリストによる、 体(BODY)、心(MIND)、魂(SPRIT)、笑いの養生セミナー。 自然治癒力を高めるセルフケア、 治療効果を引き出すセルフケア、 生活の中ですぐに実践できること、 養生をより充実させるためのアイテムなど、気づきと学びがたくさん詰まっています。 道は無限にあります。 少しでも皆さんの視界が晴れ、道が拓けたら嬉しいです。 病と向き合っている方、セラピストの方、医療関係者の方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。 【講師】《体の養生編》 遠藤聡哲氏(鍼灸師) 『Messenger』次号登場 「自然の中の偉大な力に治癒を求めて」 高田理恵氏(薬剤師・国際中医師・国際薬膳師) 『Messenger』51号登場  「今日の食養生が明日の元気を培う、扶正去邪(ふせいきょじゃ)の養生法」 三浦直樹氏(医師) 『Messenger』39号登場 「様々な自然療法を駆使し、本来の治癒力を引き出す」 【講師】《心の養生編》 加藤史子氏(メンタルトレーナー)『Messenger』46号登場 「不安になっても大丈夫!不安を感謝に変える心のスキル」 則武謙太郎氏(心理カウンセラー)『Messenger』37号登場 「病気や症状はあなたに何を伝えたがっているのだろう?」 玉田まゆ子氏(サイモントン療法認定カウンセラー)『Messenger』53号登場  「治癒力とこころの在り方の関係」 西河潤氏(医師・TimeWaverカウンセラー)『Messenger』56号登場 「愛と智慧でイノチを再生する」 【講師】《魂の養生編》  石原均氏(医師・ヒプノセラピスト)『Messenger』48号登場 「魂の存在であることを知り、自分自身を癒す」 宮崎ますみ氏(ヒプノセラピスト)『Messenger』56号登場 「病気は神様からの愛あるギフト」 長岡美妃氏(医師)『Messenger』43号登場 「魂の視点で治るメカニズムを捉える」 船戸崇史氏(医師)『Messenger』47,54号登場 「病の言い分、魂の言い分」 【講師】《笑いの養生編》  櫻井英代氏(笑いヨガインストラクター)『Messenger』52号登場 「心と体に新しい痛みを作らない笑い方」 てんつくマン氏(ヨミガエラセ屋代表)『Messenger』39号登場 「逆境を乗り越える笑いの力」 ☆参加費☆ ご入金確認後、動画配信サイトのアドレスを送信させていただきます。  3,000円  また、メールが届かないケースもあり、1日経っても届かない場合、下記の問合せ先までご連絡をよろしくお願いいたします。 ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) ご入金確認後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 2,000
  • ご入金確認後、録画配信のアドレスを送らせていただきます。 ~Messenger創刊16周年記念イベント~ オンライン開催!小林正学講演会  ゲスト:杉浦貴之  from はなのき村 『がん専門医ががんになって分かったこと、伝えたいこと』 2年前、甲状腺がん、多発リンパ節転移が発覚。 小林先生は科学的根拠に基づいた医療に邁進していたが、自身ががん患者となり、医療観、人生観ががらりと変わってしまう。 杉浦貴之ライブに参加し、がんになる前より輝いている患者と出会い、衝撃を受ける。2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーに参加し、ともに歩む仲間の存在の大切さに気づかされる。 がんに罹患以降、全国を飛び回って色々な先生や施術家、がんサバイバーに会いにいき、その叡知を吸収していく。 小林先生の医療観は「人が幸せに生き切ることを全力で支える」。 治癒力を高めるためにできることは?治療効果を高める生き方とは?自分に合った選択をするためには? ☆日時 2021年1月30日(土)  14時~16時30分 プログラム 【第1部】 14:00~15:30 小林正学講演会 【第2部】 15:40~16:00 小林正学&杉浦貴之トークセッション・質疑応答 【第3部】 16:00~16:30 杉浦貴之ライブ ☆料金 一般 3,000円  『Messenger』定期購読者 2,000円 『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger ☆主催 チームメッセンジャー ☆お問合せ☆ i_wakui@yahoo.co.jp 080-4110-7342(涌井) 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 5,000
  • 杉浦貴之・オンライン個人相談「希望の架け橋」 がんの手術から21年経過。たくさんの方と出会い、たくさんの場と出合い、たくさんの失敗もしてきました。気づき、学んだことをおすそ分けできたら、素敵なご縁も結べたらと思います。 命のマガジン『メッセンジャー』を創刊して15年。取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること、対談した医師たちから学んだことなど、必要に応じてお伝えします。 否定しない、押し付けない、個人相談。 少しでも笑顔と希望が増え、心が軽くなり、視界が晴れたら嬉しいです。 対象は、がん患者さん、経験者に限定しておりません。サポートされている方、ビビッと感じた方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。よろしくお願いします。 ☆方法☆ ZOOM、電話のいずれかでお願いします。 ☆日程☆ メッセージ欄に、ご希望の日にち、開始時間を第3候補までご記入ください。 ☆時間☆ 40分 ☆料金☆ 5000円 豊橋3時間ビンビンセミナー動画プレゼント! さらに特典!いずれかをプレゼントさせていただきます。 『メッセンジャー』最新号より定期購読(6回分) or 3rdアルバム『YELL』or 『メッセンジャー』バックナンバー7冊分 (申込みフォームから選択してください) 『メッセンジャー』、アルバムはこちらを参考にしてください。 http://www.taka-messenger.com/ ☆お問合せ TEL 080-4110-7342(涌井) i_wakui@yahoo.co.jp 【Zoomについて】 とっても簡単です。Zoomはインストールしてなくてもできますし、この日までにぜひテストしてみてください。Zoomはサインアップしておくと良いと思いますが、していなくてもできます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html zoomの使い方が書いてあります。 https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/ こちらは動画説明してくれています。 https://www.youtube.com/watch?v=zXX-hxUZJUk 杉浦貴之プロフィール 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にしてがん宣告。左腎摘出手術後、化学療法2クール。「早くて半年、2年後の生存率0%」宣告。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた、ホノルルマラソンに出場し、翌日結婚式を挙げるという夢を実現させる。夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。 2010~2019年、がん患者、家族、サポーターを引き連れ、がんサバイバーホノルルマラソン主宰。テレビは「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版)を出版。http://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に『Messenger』またはCDをクリックポストにて送付させていただきます。

  • ¥ 3,000
  • 『Messenger』最新号です!1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行) 58号をすでにお持ちの方は59号からの定期購読とします。お知らせください。 『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 私自身、入院中にいちばん勇気と希望をもらえたのが生の体験談でした。暗いニュースの多い中、命と向き合い輝いている方々を取材して、生の声を届け、少しでも世の中に希望を増やしたい。 ご縁繋ぎを生きがいとして生きていた中で、雑誌という媒体を使い、生きる希望を失いかけている人に光を灯したい。そんな想いがあふれて生まれたマガジンです。 「命はそんなにやわじゃない。命は輝きたがっている。自分で生きるスイッチを入れてほしい」 今は、インターネットでたくさんの情報を得られる時代。しかし、入院されている方など、インターネットを使えない環境にある方もいます。そんな方にも寄り添える優しい『Messenger』でありたいと思います。(『Messenger』編集長・杉浦貴之) 2021年4月28日発売!『Messenger』58号は、「あなたを信じているから ~がん患者を支える人の特集~」。全44ページ。 1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)。 ☆登場人物☆ 「ありのままのあなたにありがとう ~腎臓がんの夫を支えて~」萩原悦子さん。 「支える人だって楽しんでいい ~夫は白血病、私は妊婦で~」中村映自さん&中村浩美さん。 「全部ひっくるめて、大丈夫 ~小児がんの息子を支えて~」安東由紀さん。 「チャレンジャー~障害者でがんサバイバーの夫を支えて~」森本広子さん。 「人生を幸せに生き切るために~医師であり、がん患者として~」小林正学さん。 ☆連載☆ 小松うるさん「好転カウンセリング ~みんな仲良く~」 杉浦亜紗比さん「ティウロン村の笑顔を守りたい」 杉浦貴之・編集長後記「繋がりが生きる力を生む」

  • ¥ 600
  • 複数購入希望の方はこちらから http://www.taka-messenger.com/order/ 定期購読はこちら https://takamessenge.thebase.in/items/28505238 (6回分 送料・通信込み 3,000円)   Messenger58号1冊 400円 送料手数料 200円 『Messenger』最新号です! 『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 私自身、入院中にいちばん勇気と希望をもらえたのが生の体験談でした。暗いニュースの多い中、命と向き合い輝いている方々を取材して、生の声を届け、少しでも世の中に希望を増やしたい。 ご縁繋ぎを生きがいとして生きていた中で、雑誌という媒体を使い、生きる希望を失いかけている人に光を灯したい。そんな想いがあふれて生まれたマガジンです。 「命はそんなにやわじゃない。命は輝きたがっている。自分で生きるスイッチを入れてほしい」 今は、インターネットでたくさんの情報を得られる時代。しかし、入院されている方など、インターネットを使えない環境にある方もいます。そんな方にも寄り添える優しい『Messenger』でありたいと思います。(『Messenger』編集長・杉浦貴之) 2021年4月28日発売!『Messenger』58号は、「あなたを信じているから ~がん患者を支える人の特集~」。全44ページ。 1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)。 ☆登場人物☆ 「ありのままのあなたにありがとう ~腎臓がんの夫を支えて~」萩原悦子さん。 「支える人だって楽しんでいい ~夫は白血病、私は妊婦で~」中村映自さん&中村浩美さん。 「全部ひっくるめて、大丈夫 ~小児がんの息子を支えて~」安東由紀さん。 「チャレンジャー~障害者でがんサバイバーの夫を支えて~」森本広子さん。 「人生を幸せに生き切るために~医師であり、がん患者として~」小林正学さん。 ☆連載☆ 小松うるさん「好転カウンセリング ~みんな仲良く~」 杉浦亜紗比さん「ティウロン村の笑顔を守りたい」 杉浦貴之・編集長後記「繋がりが生きる力を生む」

  • ¥ 1,400
  • 56,57,58号 3冊セット 送料込み1,400円 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact Messenger56号 「本気で、本当の自分を生きる ~余命宣告・ステージ4生還者特集~」全44ページ。 「がんは神様からの愛あるギフト」乳がんサバイバーとして、ヒプノセラピストとして/宮崎ますみさん。「無気力の恐怖とがんが教えてくれたこと」大腸がんステージ4からの復活/井倉圭悟さん。「がんは自分の魂と繋がる旅」乳がんステージ4、延命治療を断り、夢を叶える/渡辺由美子さん。 「がんちゃん、ありがとう!」乳がんステージ3手術、再発は自然寛解/岡部佳子さん。 「なぜ私は元気でいられるのか」胆嚢がん手術不能、余命1年から5年/石川利広さん。 「医師として、いのちの再生屋として」独自カウンセリング/医師・西河潤さん。 連載は、整体師のがんサバイバーをケアする武笠隆さん。 好評連載の杉浦貴之編集長は『変酋長のつれづれ日記』にて「本当の自分を生きる」。

  • ¥ 2,500
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』53号~58号 バックナンバーセット 2,500円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact 例) 『Messenger』57号 8月26日発売!Messenger57号は、「人は何度でも立ち上がれる ~幾度ものがん再発、転移を乗り越えて~」 全44ページ。1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行) 「人は何度でも立ち上がれる ~幾度ものがん再発、転移を乗り越えて~」。 「がんは自分で引き寄せていた」乳がんステージ4・再発と向き合って/山田千津さん。 「悲劇のヒロインなんかじゃない」遺伝性の乳がん、卵巣がんと向き合って/小林弥生さん。 「生きている限りチャンスはある」子宮がんステージ3、再発を乗り越えて/鳥居なほ子さん。 「自分の未来は自分で決める」乳がんステージ4、骨転移からの奇跡/貴子さん。 「私の体はやわじゃなかった」5度の手術を乗り越えて/髙橋暁子さん。 「がんに助けてもらった」卵巣がん手術から9年/野島ますみさん。 「あなたの力を信じている」原発不明がん、余命3か月から5年/櫻井英代さん。 「響き合う医療を目指して」統合医療の実現に向けて/医師・西谷雅史先生。好評連載の杉浦貴之編集長は『変酋長のつれづれ日記』にて「習慣が人生を変える」。

  • ¥ 4,400
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』36号~47号 バックナンバーセット 4,400円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact 例) 『Messenger』36号 メッセンジャー36号は、「それは決して奇跡ではなかった」。 末期がんからの生還者特集です!48ページ。5人の末期がん生還者、医師が迫力で伝えます。最短は余命20日から復活した方です。彼らに起きたこと、それは奇跡ではなかったと、実感できるはずです。かれらの共通項にも迫っていきます。愛と、勇気と、迫力満点の元気の1冊! ☆登場人物☆ 「余命20日からの生還 ~父は悪性リンパ腫末期から復活した~」の竹内アキコさん。 「退路を断ち、「治す」と決断ができるか ~スキルス性胃がん、余命5ヶ月から15年~」の松尾倶子(まつおともこ)さん。 「人間は本来、健やかな存在である ~みかどクリニック院長~ 」の医師・三角大慈(みすみたいじ)さん。 「大丈夫。すべてはうまくいっている ~胆管細胞がん、余命5ヶ月から~」の桐谷芳恵さん。 「がんを明るく生きる ~前立腺がん末期、余命3ヶ月から15年~」の伊藤 勇さん。 コーナー「想いは繋がっていく」では、「力を抜いて、穏やかに流れるように ~末期胃がんから5年、新たな危機を乗り越えて~」の射場恵美子さん。その他、連載も充実!

  • ¥ 4,500
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』48号~58号 バックナンバーセット 4,500円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact 例) 『Messenger』47号 「治る力を引き出すために ~患者会代表の想い~」全48ページ。 5年生存率30%の食道がんから10年、「めぐみの会」代表の織田英嗣さん。 統合医療センター・船戸クリニック院長・船戸崇史先生。「ガンの辞典」編集長・小澤康敏さん。 身内と自分のがんと向き合い続けた、民間がんサロン「ホ・オポノポノ浜松」代表の山中圭子さん。 卵巣がんⅢ期、腹膜播種を克服し13年で「ガン生還者に学ぶ会」代表の福浦さゆりさん。他

  • ¥ 8,200
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』36号~58号 セット 8,200円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/ 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/orderform 例) 『Messenger』36号 メッセンジャー36号は、「それは決して奇跡ではなかった」。 末期がんからの生還者特集です!48ページ。5人の末期がん生還者、医師が迫力で伝えます。最短は余命20日から復活した方です。彼らに起きたこと、それは奇跡ではなかったと、実感できるはずです。かれらの共通項にも迫っていきます。愛と、勇気と、迫力満点の元気の1冊! ☆登場人物☆ 「余命20日からの生還 ~父は悪性リンパ腫末期から復活した~」の竹内アキコさん。 「退路を断ち、「治す」と決断ができるか ~スキルス性胃がん、余命5ヶ月から15年~」の松尾倶子(まつおともこ)さん。 「人間は本来、健やかな存在である ~みかどクリニック院長~ 」の医師・三角大慈(みすみたいじ)さん。 「大丈夫。すべてはうまくいっている ~胆管細胞がん、余命5ヶ月から~」の桐谷芳恵さん。 「がんを明るく生きる ~前立腺がん末期、余命3ヶ月から15年~」の伊藤 勇さん。 コーナー「想いは繋がっていく」では、「力を抜いて、穏やかに流れるように ~末期胃がんから5年、新たな危機を乗り越えて~」の射場恵美子さん。その他、連載も充実!

  • ¥ 7,400
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』47号~57号バックナンバーセット+58号からの定期購読 7,100円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact 例) 『Messenger』最新号です!1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行) 『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 私自身、入院中にいちばん勇気と希望をもらえたのが生の体験談でした。暗いニュースの多い中、命と向き合い輝いている方々を取材して、生の声を届け、少しでも世の中に希望を増やしたい。 ご縁繋ぎを生きがいとして生きていた中で、雑誌という媒体を使い、生きる希望を失いかけている人に光を灯したい。そんな想いがあふれて生まれたマガジンです。 「命はそんなにやわじゃない。命は輝きたがっている。自分で生きるスイッチを入れてほしい」 今は、インターネットでたくさんの情報を得られる時代。しかし、入院されている方など、インターネットを使えない環境にある方もいます。そんな方にも寄り添える優しい『Messenger』でありたいと思います。(『Messenger』編集長・杉浦貴之) 2021年4月28日発売!『Messenger』58号は、「あなたを信じているから ~がん患者を支える人の特集~」。全44ページ。 1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)。 ☆登場人物☆ 「ありのままのあなたにありがとう ~腎臓がんの夫を支えて~」萩原悦子さん。 「支える人だって楽しんでいい ~夫は白血病、私は妊婦で~」中村映自さん&中村浩美さん。 「全部ひっくるめて、大丈夫 ~小児がんの息子を支えて~」安東由紀さん。 「チャレンジャー~障害者でがんサバイバーの夫を支えて~」森本広子さん。 「人生を幸せに生き切るために~医師であり、がん患者として~」小林正学さん。 ☆連載☆ 小松うるさん「好転カウンセリング ~みんな仲良く~」 杉浦亜紗比さん「ティウロン村の笑顔を守りたい」 杉浦貴之・編集長後記「繋がりが生きる力を生む」

  • ¥ 10,400
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』36号~57号バックナンバーセット+58号からの定期購読 10,400円(税込・送料込) 各号の詳細はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒https://www.taka-messenger.com/contact 例) 『Messenger』36号 メッセンジャー36号は、「それは決して奇跡ではなかった」。 末期がんからの生還者特集です!48ページ。5人の末期がん生還者、医師が迫力で伝えます。最短は余命20日から復活した方です。彼らに起きたこと、それは奇跡ではなかったと、実感できるはずです。かれらの共通項にも迫っていきます。愛と、勇気と、迫力満点の元気の1冊! ☆登場人物☆ 「余命20日からの生還 ~父は悪性リンパ腫末期から復活した~」の竹内アキコさん。 「退路を断ち、「治す」と決断ができるか ~スキルス性胃がん、余命5ヶ月から15年~」の松尾倶子(まつおともこ)さん。 「人間は本来、健やかな存在である ~みかどクリニック院長~ 」の医師・三角大慈(みすみたいじ)さん。 「大丈夫。すべてはうまくいっている ~胆管細胞がん、余命5ヶ月から~」の桐谷芳恵さん。 「がんを明るく生きる ~前立腺がん末期、余命3ヶ月から15年~」の伊藤 勇さん。 コーナー「想いは繋がっていく」では、「力を抜いて、穏やかに流れるように ~末期胃がんから5年、新たな危機を乗り越えて~」の射場恵美子さん。その他、連載も充実!

  • ¥ 1,000
  • 命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 中古品『Messenger』バックナンバー6冊セット 1,000円(税込・送料込) ※店頭で販売されていて返品されたものなど、傷みの少ないものをオススメ号としてランダムで選んで送ります。 各号の詳細はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/ 個別のバックナンバーを希望の方はこちらから⇒http://www.taka-messenger.com/orderform 例) 『Messenger』45号 メッセンジャー45号は、「がん自然治癒の軌跡 ~治る力は己の中にある~」。全44ページ。 余命数か月の末期腎臓がんから30年、転移した肺の腫瘍は自然治癒の寺山心一翁(しんいちろう)さん。 末期S状結腸がんが自然治癒の理学博士・松野哲也さん。 中咽頭がん4期、一時は植物状態から復活の春名伸司さん。 甲状腺がんクラス5から自然治癒の玉本珠代さん。 子宮頸がん自然治癒のこじまもとこさん。がん自然治癒、自然退縮の軌跡。他

  • ¥ 3,000
  • 定期購読の継続更新のお支払です。 本当にありがとうございます。 がん克服者や命と向き合っている方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 『Messenger』最新号です!1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行) 『Messenger』は命と向き合っている方、がん経験された方、医師などの医療関係者を取材し、その想いを載せています。 私自身、入院中にいちばん勇気と希望をもらえたのが生の体験談でした。暗いニュースの多い中、命と向き合い輝いている方々を取材して、生の声を届け、少しでも世の中に希望を増やしたい。 ご縁繋ぎを生きがいとして生きていた中で、雑誌という媒体を使い、生きる希望を失いかけている人に光を灯したい。そんな想いがあふれて生まれたマガジンです。 「命はそんなにやわじゃない。命は輝きたがっている。自分で生きるスイッチを入れてほしい」 今は、インターネットでたくさんの情報を得られる時代。しかし、入院されている方など、インターネットを使えない環境にある方もいます。そんな方にも寄り添える優しい『Messenger』でありたいと思います。(『Messenger』編集長・杉浦貴之) 2021年4月28日発売!『Messenger』58号は、「あなたを信じているから ~がん患者を支える人の特集~」。全44ページ。 1冊400円、定期購読3,000円(6回分・年3回発行)。 ☆登場人物☆ 「ありのままのあなたにありがとう ~腎臓がんの夫を支えて~」萩原悦子さん。 「支える人だって楽しんでいい ~夫は白血病、私は妊婦で~」中村映自さん&中村浩美さん。 「全部ひっくるめて、大丈夫 ~小児がんの息子を支えて~」安東由紀さん。 「チャレンジャー~障害者でがんサバイバーの夫を支えて~」森本広子さん。 「人生を幸せに生き切るために~医師であり、がん患者として~」小林正学さん。 ☆連載☆ 小松うるさん「好転カウンセリング ~みんな仲良く~」 杉浦亜紗比さん「ティウロン村の笑顔を守りたい」 杉浦貴之・編集長後記「繋がりが生きる力を生む」

  • ¥ 5,000
  • 【録画配信】お申込み窓口です。ZOOMでの録画のため、画像は少々粗いです。 ご入金確認後、動画アドレスを送信致します。 2021年1月23日(土)~リボーン洞戸オープン3周年記念~ 「Big Reborns Meeting 2 ~リボーンしたいと願うあなたへ~」 ☆出演☆ 船戸クリニック院長・リボーン洞戸主宰 船戸崇史 ドキュメンタリー映画「いきたひ」監督 長谷川ひろ子 余命半年のがん宣告から21年 『Messenger』編集長&シンガーソングライター 杉浦貴之 「ありのままを生きる リボーンのスイッチ」をテーマにそれぞれの経験をお話いただきます。 トークセッション、質疑応答、ライブもあります。 日 時:令和3年1月23日13時開演 15時頃まで(延長の可能性あり) 会 場:リボーン洞戸 岐阜県関市洞戸大野939 参加費:5,000円(税込) ☆プロフィール☆ 【船戸崇史】 1959年岐阜県生まれ。 1994年「船戸クリニック」開業。在宅医療に力を注ぐほか、西洋医学のみでなく、東洋医学、ホリスティック医療等を取り入れた統合医療により、独自の診療を続けている。リンパ球点滴、温熱療法、漢方・セラピーなどを取り入れ、施設内では癒やしの音楽会を開くことがあり、自然食レストランも併設。「より地域に密着し、患者さんに効くことは何でも取り入れて、サポートしたい」と意欲を示す。著書多数。映画『つ・む・ぐ』に出演。12年前、腎臓がん手術。岐阜県洞戸に、がん予防型リトリート施設『リボーン』を創設。2020年10月、『がんが消えていく生き方』(ユサブル)出版。 【長谷川ひろ子】 秋田県に生まれる。地方局のアナウンサーを経て結婚。4児の母となる。末期がんの夫(薬学博士)を、家族とともに自宅で看病しながら、その姿を撮影。生還を信じて撮影した夫の闘病生活だったが願いは叶わず、2009年、夫(当時47歳)は他界。家族とともに自宅で看取った。 3年後、大きな心境の変化をきっかけに、まったくの素人ながら映画制作を決意。脚本、ナレーション、編集、音楽の作曲・演奏・歌など、ほとんどすべてを自分で担当し、2015年4月に完成させた。完成したドキュメンタリー映画「いきたひ」は、「これまでの死生観が変わった」「受け入れられずわだかまりを感じていた肉親の死を、ようやく受け入れることができた」など、多くに衝撃と共感を与える。観た人の「自分の周りの人にも、ぜひ観てほしい」という熱い思いから、全国で自主上映が続いている。監督本人の講演とセットでの上映会は、評判を呼び、公開からの5年間で450回上映され、韓国ソウル市、米国ロサンゼルスなど海外でも上映されています。現在、フリーアナウンサー、シンガーソングライター、歌手名HIROKO「カラオケの鉄人」配信。元日高市教育委員、健康体操教室・スタジオmother’s主宰、NPO法人日本サプリメント臨床研究会・代表理事、ドキュメンタリー映画「生死(いきたひ)」監督・脚本・演出。著書『自分磨きは姿勢から』『生前四十九日』。 【杉浦貴之】 1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術後、化学療法2クール。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた、ホノルルマラソンに出場し、翌日結婚式を挙げるという夢を実現させる。夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。 2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリーバボー!」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版)を出版。http://www.taka-messenger.com 終了後、5日以内に領収書をクリックポストにて送付させていただきます。